Fork me on GitHub

2014-04-07のJS: TypeScript 1.0、JSHint 2.5.0、Chromeの非同期処理デバッグ

Edit on GitHub 編集履歴を見る

JSer.info #169 - MSによるJavaScriptのスーパーセット実装であるTypeScript 1.0がリリースされました。

TypeScriptのドキュメントやバグレポートのリンク等はTypeScriptがついに1.0になった話にまとめられています。


JavaScriptのLintツールであるJSHint 2.5.0がリリースされました。

JSHint 3 plansで書かれていたようにスタイル関係のLintルールが一部削除されています。

この辺を補完したい場合はJSCSを利用することが推奨されています。

この辺のLintツールの流れについては以前紹介したThe state of JavaScript Linting - English versionにも書かれているので、こちらも見てみるといいです。


Debugging Asynchronous JavaScript with Chrome DevTools - HTML5 Rocksという記事ではChrome 35あたり(現時点のCanary)に入ってるChrome DevToolsの機能について紹介されています。

PromisesやObject.observeといった機能がChromeに入ってくる関係もあってか、 DevToolsでもAsyncのデバッグがかなり強化されています。

具体的には、非同期処理のコードでもスタックトレースがかなり追えるようになった事や、Watch機能、スタックトレースで選択したスコープの情報を見られるようになる等、非同期処理に関するデバッグ機能がかなり充実しています。

JavaScriptの言語機能やDOM APIでも非同期処理に触れる機会は増えてきているので、こういったデバッグツールのサポートは大事になってくると思います。


ヘッドライン

TypeScriptReleaseNote

TypeScript 1.0リリース。

Pull Request等の直接的なContributionsの受け入れやドキュメントの改善等が行われている。

JavaScriptlibraryReleaseNote

Ember 1.5.0リリース

JavaScriptToolsReleaseNote

JSHint 2.5.0リリース。

インデントスタイル関係のLintの削除(JSCSへと移行を推奨)、template strings、--filenameのCLIオプションを追加、ディレクトリごとにオプションを変更する設定を追加

ECMAScriptReleaseNote

ES6 Draft Rev 23リリース。

アーティクル

JavaScripttestingnode.js

シンプルなアサーションでも分かりやすくテスト出来るツールであるpower-assertについて。

Node.jsでの導入方法、Grunt/gulpなどからの利用方法等

JavaScriptChromedebug

Chrome 35でsetTimeout, XHR, promisesのような非同期処理のスタックトレースが取れるようになった。

またコールスタックで特定のものを選択した時にそのスコープでの情報を取れるように、Promise chainのデバッグ、名前付き関数式にすることのメリット等についても書かれている

TypeScripttutorialwindows

Visual Studioを使ったTypeScriptチュートリアルの連載

TypeScripttutorial

TypeScriptの型定義ファイルの利用方法と自分で定義したものをpull requestする手順について書かれてる。

JavaScriptでもWebStorm等から補完候補の定義として利用できる

IE

IE11のエンタープライズモードについて。

"作成したリストに含まれるサイトやユーザーが指定したサイトを Internet Explorer 8 のエミュレーション モードで表示/動作させる機能"

JavaScriptECMAScriptAMD

ES6 moduleとmodule loaderについて。

またES6 moduleをCJS/AMDへ変換して利用する方法や動的にロードするSystemJS loader等について

JavaScriptECMAScripttodotutorial

ES6でTodoアプリを作るチュートリアル。

JavaScriptPromisesTipsperformance

V8の最適化ができない事例についてよくまとめられている。

最適化ができるか調べる方法、try-catchなど関数内にあると最適化をしなくなる式、arguments、switch-case、hash tableとしてのオブジェクトについて等

ストレージbrowserAPIまとめ

WebStorage(LocalStorage/SessionStorage)、WebSQL、Indexed DB、FileSystem API、App Cacheの容量と調査方法にまとまっている。

また、この辺のローカルストレージの違いをあまり意識せずに使える非同期APIを提供してくれるlocalForageも最近話題な感じがするので一緒に見ておくといいかもしれません。(依存するストレージの実装がそれぞれdriversと分けられて実装されてるのも見ていると面白いです)

JavaScriptHTTP

Server-Sent Eventsについて。

クライアントとサーバ(node)での実装について

JavaScriptHTMLperformance

script要素の場所とasyncdefer属性について。

style要素、img要素とDOM構築の関係、</body>直前での読み込みとFOUC。

読み込みを実験出来るサイトについて

CSSdesign翻訳

"レスポンシブデザイン入門"

CSSのボックスモデル、コンテナ、カラム、clearfix、flloatについて書かれてる

JavaScriptまとめ

JavaScriptの非同期処理のパターンの実装ライブラリと紹介。

EventEmitter、Promises、FSM、Doors、Emitter queueの実装であるライブラリと概要が書かれてる

スライド、動画関係

jQuery

jQuery 1.12がIE6,7をサポートした最後のバージョンになり。1.13からはIE8未満は非サポート。

サポートの定義についても書かれてる

サイト、サービス

TypeScriptdocument

TypeScriptハンドブック。

言語機能についてまとまってる

IEWebPlatformAPIまとめ

IEのWeb Platform APIの対応ステータス、ロードマップが公開されているサイト

ソフトウェア、ツール、ライブラリ関係

画像library

画像から注目する部分を中心とした切り抜きを行うアルゴリズムを持ってるライブラリ

canvasSVGlibrary

3D空間をSVGかCanvasを使って描画出来るライブラリ

windowsHTMLJavaScriptlibrary

WinJSがGithubで公開された

http://try.buildwinjs.com/default.aspx

から試すことが出来る

書籍関係

TypeScriptbook

2014年5月30日発売

TypeScript本

Gruntbook

2014年5月発売

Gruntについての書籍

AngularJSbook

2014年04月18日 発売

AngularJS本

この記事へ修正リクエストをする
記事を紹介する