Fork me on GitHub

2022-06-06のJS: Angular 14、Cypress 10、Vue 2.7 α

Edit on GitHub 編集履歴を見る

JSer.info #595 - Angular 14がリリースされました。

プレビュー機能としてstandalone componentsが追加されています。

また、Angular Formsの型付けの改善、エラーメッセージをproduction buildではエラーコードのみに変更しファイルサイズの削減など。
その他には、TypeScript 4.7のサポート、Angular CLIの改善などが含まれています。


Cypress 10がリリースされました。

Cypress 10ではCypress Appが刷新されています。
また、Component Testの仕組みが追加されています。


Vue 2.xの最終minorリリースとなる予定の Vue.js 2.7αが公開されています。

Composition APIのフルサポート、ESMビルドにrefなどのnamed exportを追加などが含まれています。

このVue 2.7が正式リリースされてから、18ヶ月後にVue 2.xはEOLとなる予定です。
現時点では、Vue 2.xは2023年末にEOLの予定となっています。


ヘッドライン


Node v18.3.0 (Current) | Node.js

nodejs.org/en/blog/release/v18.3.0/

node.js ReleaseNote

Node.js 18.3.0リリース。
utilモジュールにparseArgsを追加、httpモジュールにuniqueHeadersオプションを追加など


Angular v14 is now available!. We are excited to announce the release… | by Emma Twersky | Jun, 2022 | Angular Blog

blog.angular.io/angular-v14-is-now-available-391a6db736af

Angular ReleaseNote

Angular 14リリース。
プレビュー機能としてstandalone componentsの追加、Angular Formsの型付けの改善、エラーメッセージをproduction buildではエラーコードのみに変更。
TypeScript 4.7のサポート、Angular CLIの改善など


Announcing Cypress 10 with Component Testing Beta!

cypress.io/blog/2022/06/01/cypress-10-release/

E2E testing library ReleaseNote

Cypress 10リリース。
Cypress Appの刷新、Component Testingがベータになった。


Release v3.16.0 · mishoo/UglifyJS

github.com/mishoo/UglifyJS/releases/tag/v3.16.0

JavaScript library Tools

UflifyJS 3.16.0リリース。
入力をES Modulesとして扱う--moduleフラグを追加など


vue/CHANGELOG.md at main · vuejs/vue

github.com/vuejs/vue/blob/main/CHANGELOG.md#270-alpha1-2022-05-31

Vue ReleaseNote

Vue.js 2.7αリリース。
Vue 2.xの最後のminorリリース候補となり、Vue 2.7の正式リリースから18ヶ月後の2023年末にはVue 2.xはEOLとなる予定。
Composition APIのフルサポート、ESMビルドにrefなどのnamed exportを追加など


npm security update: Attack campaign using stolen OAuth tokens | The GitHub Blog

github.blog/2022-05-26-npm-security-update-oauth-tokens/

npm security news

HerokuとTravis CIからGitHub OAuth Tokenの流出に関連して、npmが管理していたプライベートリポジトリからAWSへのアクセスキーが盗まれ、npmの一部情報が漏洩した。
2015年のユーザー情報(ユーザー名/メールアドレス/パスワードハッシュ)、2021年のプライベートnpmパッケージのメタデータ、2022年の全てのプライベートパッケージの名前とバージョンが漏洩した。


Release Add support for lts/-n aliases · actions/setup-node

github.com/actions/setup-node/releases/tag/v3.3.0

Github Actions ReleaseNote

GitHub ActionsでNode.js環境を設定するactions/setup-node 3.3.0リリース。
node-version: lts/-1 のようにLTSの相対指定をサポート。
3.2.0では、currentlatestのaliasをサポートしている。


アーティクル


Processing Arrays non-destructively: `for-of` vs. `.reduce()` vs. `.flatMap()`

2ality.com/2022/05/processing-arrays-non-destructively.html

JavaScript article

Arrayのfilter/map/some/every/reduce/flatMapメソッドやfor ofなど、どれを使うべきかについて。
それぞれの機能の紹介といつ使うべきかについて


JavaScript のメディアタイプと RFC 9239 | blog.jxck.io

blog.jxck.io/entries/2022-05-31/text-javascript.html

JavaScript article

JavaScriptのMIME Typesについて


Introducing Opportunities & Experiments: Taking the Guesswork out of Performance - WebPageTest Blog

blog.webpagetest.org/posts/introducing-opportunities-and-experiments/

performance article

WebPageTestにOpportunitiesとExperiments機能が追加された。
Opportunitiesはパフォーマンスやアクセシビリティを改善する項目をサジェストし実際に適用して結果がどうなるかを計測できる機能。
ExperimentsはEdgeのProxyを通して一時的にサイトを書き換えて再計測できる。


サイト、サービス、ドキュメント


pkg.land - find NPM alternative packages

pkg.land/

npm search webservice

npmパッケージの代替パッケージを検索できるサービス


ソフトウェア、ツール、ライブラリ関係


jridgewell/trace-mapping: Trace the original position through a source map

github.com/jridgewell/trace-mapping

sourcemap JavaScript library

source-mapパッケージと互換性のあるAPIを提供するライブラリ。
source-mapパッケージとは異なりWebAssemblyを利用せずに書かれている。


Svelvet

svelvet.io/

Svelte diagram library

フローチャートを描画するSvelte component


histoire-dev/histoire: ⚡ Fast and beautiful interactive component playgrounds, powered by Vite

github.com/histoire-dev/histoire

vite Vue Tools

Viteを使ったStorybook的なツール


WebReflection/highlighted-code: A textarea builtin extend to automatically provide code highlights based on one of the languages available via highlight.js

github.com/WebReflection/highlighted-code

JavaScript library

textareaにシンタックスハイライトをオーバーレイできるライブラリ


cyco130/vavite: Develop server-side applications with Vite

github.com/cyco130/vavite

vite node.js server library

Viteをサーバサイドに組み込むためのExpressなどに対応したMiddlewareやViteプラグイン。
Viteを使ってサーバサイドのコードのTranspile、Live Reload、SSRなどに対応するための仕組みをを提供する。
また、本番ビルド時には開発用のDevServerの参照を消すVite Pluginも提供している。


書籍関係


Web Browser Engineering

browser.engineering/

browser python book

Pythonでブラウザのレンダリングエンジンを作りながらWebページの仕組みについて学ぶ本。
HTMLのパース、レイアウト、CSSのパース、クリックの処理、Browser ChromeのUI実装、HTTPリクエストの処理、DOM APIの実装、CookieとSameSiteの実装。
Skiaを使ったレンダリングとブレンディング、スケジューリング、アニメーションなどについて扱う


スラスラわかるJavaScript 新版(桜庭 洋之 望月 幸太郎)|翔泳社の本

www.shoeisha.co.jp/book/detail/9784798173269

JavaScript bok

2022年07月13日 発売
JavaScriptの入門書


この記事へ修正リクエストをする
JSer.info Slackに参加する