Fork me on GitHub

2022-04-26のJS: Redux v4.2.0、Node.js 18、Jest 28

Edit on GitHub 編集履歴を見る

JSer.info #589 - Redux 4.2.0がリリースされました。

機能的な追加はなく、createStoreをDeprecatedにして、legacy_createStoreというcreateStoreのaliasを追加する変更が含まれています。
この変更の意図としては、Reduxのメンテナーが開発しているRedux Toolkitを使って欲しいという意図のようです。
詳しくは、次のIssueとドキュメントが公開されています。


Node.js 18がリリースされました。

2022年10月にLTSとなる予定のメジャーバージョンです。
fetch API、Web Streams API、Blob/broadcastChannel APIなどウェブ標準をサポートが追加されています。
また、node:testモジュールの追加、--node-snapshot-mainの追加、V8 10.1へアップデートなども行われています。

破壊的な変更として、server.headersTimeoutserver.requestTimeoutのデフォルト値の変更なども含まれています。


Jest 28がリリースされました。

テストを分割して実行できる--shardオプションの追加、exportsフィールドの対応、fakeTimersの改善、GitHub Actionsのreporters対応などが追加されています。
testEnvironmentOptionsをインラインコメントで定義できるように、fetchなどのグローバル対応、ESM対応の改善なども含まれています。

マイグレーションガイドも合わせて公開されています。


ヘッドライン


WebAssembly 2.0 First Public Working Drafts | W3C News

www.w3.org/blog/news/archives/9509

WebAssembly proposal news

WebAssembly 2.0 First Public Working Draftが公開された


Release v7.0.0 · inikulin/parse5

github.com/inikulin/parse5/releases/tag/v7.0.0

HTML JavaScript library ReleaseNote

HTMLパーサのparse5 7.0.0リリース。
ESMモジュール化、TypeScriptで書き直し型定義を同梱するように、parse5-serializer-streamの削除など。
また、パフォーマンスが改善されている


Release packemon@2.0.0 · milesj/packemon

github.com/milesj/packemon/releases/tag/packemon%402.0.0

npm library ReleaseNote

ライブラリ向けのモジュールbundlerであるpackemon 2.0.0リリース。
IE向けのビルドを削除、Node 14未満のサポート終了、
SWCのサポートなど


Release 3.12.0 · prisma/prisma

github.com/prisma/prisma/releases/3.12.0

prisma MongoDB ReleaseNote

Prisma 3.12.0リリース。
MongoDBがGenerally Availableとなった


Release v4.2.0 · reduxjs/redux

github.com/reduxjs/redux/releases/tag/v4.2.0

redux library ReleaseNote

Redux v4.2.0リリース。
@reduxjs/toolkitへの移行を促すために、createStore APIをDeprecatedにして、legacy_createStore APIを追加。


Deno 1.21 Release Notes

deno.com/blog/v1.21

deno ReleaseNote

Deno 1.21リリース。
明示的に型チェックをするdeno checkコマンドを追加し、次のリリースでdeno runの型チェックはデフォルトでは無効にする予定。
globalThis.reportErrorerrorイベントをサポート、deno repl--eval-fileフラグを追加。
deno fmtdeno lintがデフォルトでキャッシュされるように。
UnstableなAPIとして、Deno.spawn/Deno.spawnChild/Deno.spawnSyncの追加。
deno testのBDDライクなdescribeitなどのメソッドを追加、STDにspy/stub/assertSnapshot/FakeTimeを追加など


Release v2.5.0 · parcel-bundler/parcel

github.com/parcel-bundler/parcel/releases/tag/v2.5.0

JavaScript Tools bundler ReleaseNote

Parcel v2.5.0リリース。
WebExtension Manifest v3をサポート、__dirname__filenameの変換を修正、process.envに対するin演算子をサポートなど


Node.js 18 is now available! | Node.js

nodejs.org/en/blog/announcements/v18-release-announce/

node.js ReleaseNote

Node.js 18.0.0リリース。
2022年10月にLTSとなる予定のメジャーバージョン。
fetch API、Web Streams API、Blob/broadcastChannel APIなどウェブ標準をサポート。
node:testモジュールの追加、--node-snapshot-mainの追加、V8 10.1へアップデートなど。
また、server.headersTimeoutserver.requestTimeoutのデフォルト値の変更など


Nuxt - Announcing Nuxt 3 Release Candidate

nuxtjs.org/announcements/nuxt3-rc/

Vue library ReleaseNote

Nuxt 3 RCリリース。
Vue 3、TypeScript、Viteのサポート。
サーバーエンジンのNitroとポータブルな出力の対応など


Jest 28: Shedding weight and improving compatibility 🫶 · Jest

jestjs.io/blog/2022/04/25/jest-28

JavaScript testing library ReleaseNote

Jest 28リリース。
テストを分割して実行できる--shardオプションの追加、exportsフィールドの対応、fakeTimersの改善、GitHub Actionsのreporters対応。
testEnvironmentOptionsをインラインコメントで定義できるように、fetchなどのグローバル対応、ESM対応の改善など


アーティクル


How Jotai Specifies Package Entry Points · Daishi Kato's blog

blog.axlight.com/posts/how-jotai-specifies-package-entry-points/

node.js library article

exportsフィールドについての記事。
defaultimport指定を使ったESMとCJSの対応、一部ツールのためのpackage.jsonmodule指定のfallback、TypeScriptの.d.tsの対応などについて。


How We Migrated from Javascript and Flow to TypeScript at Osome - DEV Community 👩‍💻👨‍💻

dev.to/frolovdev/how-we-migrated-from-javascript-and-flow-to-typescript-at-osome-4661

TypeScript flowtype article

JavaScriptとFlowTypeからTypeScriptへのマイグレーションをした話。
depcruiseでの依存グラフのチェック、Flow to TSとTS Migrateを使った移行、型がついたコードのカバレッジを調べるツールについて


ソフトウェア、ツール、ライブラリ関係


unjs/nitro: ⚗️ Build and deploy universal JavaScript servers

github.com/unjs/nitro

server JavaScript library

Nuxt 3で利用されているサーバエンジン。
ディレクトリベースのルーティング、Vercel/AWS Lambada/Cloudflare Workersなどのプロバイダにデプロイできるサーバコード生成機能を持つ


plantain-00/type-coverage: A CLI tool to check type coverage for typescript code

github.com/plantain-00/type-coverage

TypeScript Tools

型がついている(anyではない)TypeScriptのコードカバレッジを出すツール


eolme/i18nano: Lightweight translation module with functionality similar to react-i18next

github.com/eolme/i18nano

React i18n library

React向けのi18nコンポーネント。
言語ごとのファイルをDynamic Importでロードできるようになっている


この記事へ修正リクエストをする
JSer.info Slackに参加する