Fork me on GitHub

2022-03-08のJS: TypeScript 4.6、Chrome 100 beta、新しいMDN

Edit on GitHub 編集履歴を見る

JSer.info #582 - TypeScript 4.6がリリースされました。

TypeScript 4.6では型推論の改善が行われています。
また、--target es2022のサポート、checkJsが有効時のJavaScriptの構文エラーのチェックが改善されています。

次の4.7では、TypeScript 4.5で保留となっていたNode.js ESMの対応を進める予定となっています。


Chrome 100 betaがリリースされました。

バージョンが100と3桁となるため、ChromeとFirefoxで問題が起きるサイトがあることが予想されています。

また、Chrome 100 betaではUser-Agent文字列を削減していくフェーズ3に入りました。
Chrome 100がUA文字列を削減する前の最後のバージョンとなり、101から段階的にUA文字列を削減していくフェーズになります。

その他には、マルチスクリーン時にどこにWindowを表示するかを指定できるMulti-Screen Window Placement APIの追加などが行われています。


MDN Web Docs(MDN)のデザインやロゴなどが刷新されています。
また、MDN Plusというサブスクリプションで通知や追加コンテンツなどを得られる有料機能を公開することが予定されています。

詳細は次の記事で解説されています。


ヘッドライン


Release v5.70.0 · webpack/webpack

github.com/webpack/webpack/releases/tag/v5.70.0

webpack ReleaseNote

webpack v5.70.0リリース。
ESMにおけるrequire.context相当の機能としてimport.meta.webpackContextを追加。
ESMサポートの対象にNode.js 12を追加など


Release v0.14.24 · evanw/esbuild

github.com/evanw/esbuild/releases/v0.14.24

JavaScript bundler ReleaseNote

esbuild v0.14.24リリース。
targetにes2022をサポート、defineオプションインデックス指定の場合も置換できるように、--mangle-quotedの追加など


Release Notes for Safari Technology Preview 141 | WebKit

webkit.org/blog/12434/release-notes-for-safari-technology-preview-141/

safari ReleaseNote

Safari Technology Preview 141リリース。
CSS overflow: clipの有効化、import assertion構文をフラグ付きで実装、CSPのwasm-unsafe-evalを実装など


Announcing TypeScript 4.6 - TypeScript

devblogs.microsoft.com/typescript/announcing-typescript-4-6/

TypeScript ReleaseNote

TypeScript 4.6リリース。
DestructuringとUnionの組み合わせ、再帰型、インターフェースへのインデックスアクセス、関数の引数における型推論の改善。
--target es2022のサポート、checkJsが有効時のJavaScriptの構文エラーのチェックを改善。


Release v28.0.0-alpha.7 · facebook/jest

github.com/facebook/jest/releases/tag/v28.0.0-alpha.7

jest ReleaseNote

Jest v28.0.0-alpha.7リリース。
複数のマシンでテストを分割して実行できる--sharedフラグの実装など


Release v6.0.0-alpha.0 · styled-components/styled-components

github.com/styled-components/styled-components/releases/tag/v6.0.0-alpha.0

React CSS library ReleaseNote

styled-components v6.0.0-alpha.0リリース。
TypeScriptでの書き直し、stylis v4へのアップデート、Node.js 14未満のサポート終了など


Release v10.7.0 · TypeStrong/ts-node

github.com/TypeStrong/ts-node/releases/tag/v10.7.0

TypeScript ReleaseNote node.js

ts-node v10.7.0リリース。
--esmフラグとts-node-esmバイナリを追加など


Chromium Blog: Chrome 100 Beta: Reduced User-Agent Strings, Multi-Screen Window Placement, and More

blog.chromium.org/2022/03/chrome-100-beta-reduced-user-agent.html

Chrome ReleaseNote

Chrome 100 betaリリース。
Chrome 100がUA文字列を削減する前の最後のバージョン隣、101から段階的にUA文字列を削減していく。
Multi-Screen Window Placement APIの追加、
Origin TrialとしてMedia Source ExtensionsをWorkerで動かせるように。
AbortSignal.prototype.throwIfAborted()の追加、HIDDevice forget()の追加など。


アーティクル


A new year, a new MDN - Mozilla Hacks - the Web developer blog

hacks.mozilla.org/2022/03/a-new-year-a-new-mdn/

mdn article

MDNのデザインとロゴの更新について。
また、追加機能や追加コンテンツを提供する予定のMDN Plusというサブスクリプションサービスについて


Working together on Interop 2022 | WebKit

webkit.org/blog/12288/working-together-on-interop-2022/

browser article testing WebPlatformAPI

ブラウザの相互運用性に取り組むInterop 2022について。
Apple/Google/Microsoft/Mozilla/Bocoup/Igaliaなどが協力して、ウェブプラットフォームでフォーカスしているエリアについての相互運用性の取り組みについて。
WPTを使った計測やフォーカスしたエリアについての紹介など


サイト、サービス、ドキュメント


nodeshift/nodejs-reference-architecture: The Red Hat and IBM Node.js Reference architecture. The teams 'opinion' on what components our customers and internal teams should use when building Node.js applications and guidance for how to be successful in production with those components.

github.com/nodeshift/nodejs-reference-architecture

node.js document Docker

Node.jsプロジェクトのアーキテクチャやライブラリの選定などについてのリファレンスをまとめたガイドライン。
Dockerやnpm周りの設定、ジャンルごとのライブラリやフレームワーク、運用回りのロギングやトレースなど一通りの内容がまとめられている


書籍関係


フロントエンドのデザインパターン

zenn.dev/morinokami/books/learning-patterns-1

JavaScript architecture book React

patterns.dev の翻訳本。
ReactやJavaScriptにおけるデザインパターンの解説


この記事へ修正リクエストをする
JSer.info Slackに参加する