Fork me on GitHub

2021-12-30のJS: Ember 4.0(新機能なし)、CSS in 2022

Edit on GitHub 編集履歴を見る

JSer.info #572 - Ember 4.0がリリースされました。

Emberではメジャーアップデート時に新機能を追加するのではなく、非推奨となったAPIを削除するリリースとなっています。
そのため非推奨のAPIの削除され、またEmber Classicが廃止となりOctaneがデフォルトなっています。

また、The Road to Ember 4.0で紹介されていましたが、Ember 4.0ではInternet Explorerのサポートが終了されています。


CSS in 2022 – Bram.usという記事では、2022年にブラウザへと実装される/されているCSSの機能について紹介されています。

Container Queries、Cascade Layers、Color Functions、新しいViewport Units、:has()overscroll-behavior
Subgrid、accent-color、Media Queryでの比較演算子などについて紹介されています。
また、仕様が不安定な実験的な段階ものとしてNesting、@scope@when@else、Scroll-Linked Animations、@propertyなどについても紹介されています。


お知らせ

この記事が2021年の最後の記事となります。

2021年も特に問題なく更新できていたようです。
主なデータに関しては、次のダッシュボードや10周年の記事で確認できます。

2022年の記事は来週の予定です。
更新の様子は、JSer.infoのSlackでも確認できます。
聞きたいこととか紹介したい記事などがあったらSlackTwitterなどで書いてください。

最後に、Twitterなどで反応を書いてくれる方、Slackで記事を紹介してくれる方、GitHub Sponsorsで支援してくれる方々に感謝します。

それでは、2022年もよろしくお願いします。


ヘッドライン


Ember 4.0 released

blog.emberjs.com/ember-4-0-released/

Ember ReleaseNote

Ember 4.0リリース。
新しい機能追加ではなく、非推奨の機能を削除するメジャーアップデート。
3.xで非推奨となったAPIの削除、Ember CLIに--ci-providerのフラグを追加しデフォルトをGitHub Actionsに変更など


アーティクル


Rust + wasmでJS向けの形態素解析ライブラリを作ってnpmで公開する

zenn.dev/higumachan/articles/a42f1ee50bbb8d

Rust npm WebAssembly article

wasm-packを使ってRustライブラリをWasmに変換して利用するNode.jsライブラリを公開する方法について


Node.jsのネイティブES Modulesサポートが抱える問題を解決するBabelプラグインを書いた

zenn.dev/qnighy/articles/6267716578c76d

node.js ECMAScript module babel

ESMとCJS間のinteropを扱うBabelプラグインとコマンドラインツール。
Node.jsのネイティブESMサポートは__esModuleを扱わないため、Babelなどで変換されたCJSを扱うときに違いが発生する。この違いを吸収する目的のツール


CSS in 2022 – Bram.us

www.bram.us/2021/12/27/css-in-2022/

CSS article

2022年にブラウザがサポートしそうなCSSの機能紹介。
Container Queries、Cascade Layers、Color Functions、新しいViewport Units、:has()overscroll-behavior
Subgrid、accent-color、Media Queryでの比較演算子など。
また、実験的な段階ものとしてNesting、@scope@when@else、Scroll-Linked Animations、@propertyなどについても紹介している。


ECMAScript2020言語仕様 私的日本語訳

xn--ecmascript2020-tt9vf572amitfjlc.com/

ECMAScript spec translate document

ECMAScript 2020の仕様書の翻訳


Node.js と ID について - Qiita

qiita.com/martinheidegger/items/425112e84f7c12148d90

node.js article JavaScript algorithm

衝突しないIDやIDの生成についての記事。
UUIDv4は衝突しないが、ID自体が長く、ソートに対応していない。
時間軸を短く区切った時に衝突しにくくソート可能なUUIDv6とULIDについて。
また、人にとって読みやすいIDの生成やユーザーが定義するIDについて


ソフトウェア、ツール、ライブラリ関係


facebookincubator/infima: A UI framework that provides websites with the minimal CSS and JS needed to get started with building a modern responsive beautiful website

github.com/facebookincubator/infima

CSS library UI

Docusaurusで開発されているCSSフレームワーク


zthxxx/react-dev-inspector: jump to local IDE code directly from browser React component by just a simple click

github.com/zthxxx/react-dev-inspector

React debug Tools library

Reactコンポーネントにデバッグ情報を埋め込んで、ブラウザから直接エディタでコンポーネントを開くツール。
Babelやwebpack、Viteなどのプラグインとして変換できる


unjs/mlly: 🤝 Missing ECMAScript module utils for Node.js

github.com/unjs/mlly

ECMAScript node.js library polyfill

ECMAScript ModulesのUtilityライブラリ。
resolveimport()でインポートできるモジュール名の判定、CommonJSで利用できた__dirnameなどのpolyfill


Aslemammad/vite-plugin-cloudflare: 🔥Building Cloudflare workers is faster and easier using vite-plugin-cloudflare with node builtins like process and stream

github.com/Aslemammad/vite-plugin-cloudflare

vite cloudflare Tools library

Viteとminiflareを使ったCloudflare Workersの開発ツール


書籍関係


ステップアップJavaScript フロントエンド開発の初級から中級へ進むために(サークルアラウンド株式会社 佐藤 正志 小笠原 寛)|翔泳社の本

www.shoeisha.co.jp/book/detail/9784798169835

JavaScript book

2022年1月14日発売


この記事へ修正リクエストをする
JSer.info Slackに参加する