Fork me on GitHub

2019-12-25のJS: V8 v8.0、Chrome 80 beta、State of JavaScript(アンケート)

Edit on GitHub 編集履歴を見る

JSer.info #467 - V8 version 8.0がリリースされました。

メモリ消費量の改善、ビルドインの高階関数の最適化が行われています。
また、Stage 4となりECMASCript 2020に入ることが決まったOptional ChainingとNullish coalescingがサポートされています。

V8 v8.xはChrome 80.xに搭載されます。
ChromeとV8のバージョン関係は次のページで確認できます。


Chrome 80がベータリリースされました。

Content IndexingとContact Picker APIのOrigin Trialがサポートされています。
Web Workerのオプションでtype: 'module'をサポートし、Workrerスクリプト内でES Modulesを利用できるようになっています。
その他には、Fetch APIがSec-Fetch-Dest HTTPヘッダをサポート、Text URL Fragmentsのサポートなどが追加されています。

また以前から予告されていたWeb Components v0が削除されるため、Polymer 1.x系を利用しているページなどに影響があるかもしれません。

Chrome 80ではCookieのデフォルト値がSameSite=Laxとなる変更も予定されています。


JavaScriptの言語やツール、ライブラリなどについてのアンケートを行ったState of JavaScriptの2019年版の結果が公開されました。

前年度からの変化も掲載されているので、興味がある人は見てみると良いかもしれません。


ヘッドライン


V8 release v8.0 · V8

v8.dev/blog/v8-release-80

V8 ReleaseNote

V8 v8.0リリース。
メモリ消費量の改善、ビルドインの高階関数の最適化、Optional ChainingとNullish coalescingのサポートなど


Release Notes for Safari Technology Preview 97 | WebKit

webkit.org/blog/9672/release-notes-for-safari-technology-preview-97/

safari ReleaseNote

Safari Technology Preview 97リリース。
Resize Observerを有効化、Clipboard.readTextString#replaceAll、Picture-in-Picture Web APIのサポートなど


Chromium Blog: Chrome 80, Content Indexing, ES Modules and More

blog.chromium.org/2019/12/chrome-80-content-indexing-es-modules.html

Chrome ReleaseNote

Chrome 80βリリース。
Content IndexingとContact Picker APIのOrigin Trialサポート、Web Worker中でES Modulesを利用できるように。
Fetch APIがSec-Fetch-Destヘッダをサポート、Text URL Fragmentsのサポート。
Web Components v0の削除など


Release v1.0.0 · aframevr/aframe

github.com/aframevr/aframe/releases/tag/v1.0.0

AR JavaScript library ReleaseNote

A-Frame 1.0.0リリース。
WebXR仕様のサポート、WebXR gamepadsモジュール、WebXR ARモジュール(experimental)のサポート、Three.jsのアップデートなど


Node v13.5.0 (Current) | Node.js

nodejs.org/en/blog/release/v13.5.0/

node ReleaseNote

Node.js v13.5.0リリース。
終了時にスタックトレースを出力する--trace-exitのサポートなど


sinon/CHANGELOG.md at master · sinonjs/sinon

github.com/sinonjs/sinon/blob/master/CHANGELOG.md#800--2019-12-22

JavaScript testing library ReleaseNote

Sinon.js 8.0.0リリース。
lolexをアップグレードしasync timerメソッドに対応、sinon.spyCallsinon.sandbox.createの削除など


ESLint v6.8.0 released - ESLint - Pluggable JavaScript linter

eslint.org/blog/2019/12/eslint-v6.8.0-released

ESLint ReleaseNote

ESLint 6.8.0リリース。
.eslintrc.cjsのサポート、--no-error-on-unmatched-patternフラグの追加など。
また誤検知が多かったrequire-atomic-updatesルールはeslint:recommendedから削除されるなど


Release v4.0.5 · reduxjs/redux

github.com/reduxjs/redux/releases/tag/v4.0.5

redux ReleaseNote

Redux 4.0.5リリース。
メモリリークの修正、TypeScriptの型定義改善など


Release tfjs-backend-wasm-v1.5.1-alpha5: Update tfjs-backend-wasm to 1.5.1-alpha5. (#2610) · tensorflow/tfjs

github.com/tensorflow/tfjs/releases/tag/tfjs-backend-wasm-v1.5.1-alpha5

JavaScript WebAssembly library ReleaseNote

TensorFlow.jsのWebAssemblyバックエンドがアルファリリース。


アーティクル


An Update on CDNJS

blog.cloudflare.com/an-update-on-cdnjs/

cdn JavaScript article

JavaScriptライブラリをCloudflareのCDN経由で配布するCDNJSについて。
CDNJSの今後について


Feature watch: ECMAScript 2020

2ality.com/2019/12/ecmascript-2020.html

ECMAScript proposal article

ECMAScript 2020(予定)のProposalまとめ


Server-Sent Events (SSE): A conceptual deep dive | Ably Realtime

www.ably.io/concepts/server-sent-events

JavaScript node article

Server-Sent Events (SSE)のコンセプトと使い方について。
サポートブラウザ、ExpressでのSSEなレスポンスの返し方についてなど


TypeScript で書く React コンポーネントを基礎から理解する - Qiita

qiita.com/sangotaro/items/3ea63110517a1b66745b

React TypeScript article

ReactのTypeScript型定義の扱い方について。
コンポーネントの型、Childrenの型、既存のHTML要素のProps拡張などについて


スライド、動画関係


The State of JavaScript 2019

2019.stateofjs.com/

JavaScript アンケート

State of JavaScript 2019のアンケート結果が公開された


ソフトウェア、ツール、ライブラリ関係


alpinejs/alpine: A rugged, minimal framework for composing JavaScript behavior in your markup.

github.com/alpinejs/alpine

JavaScript DOM UI library

HTMLの属性にディレクティブを指定することでリアクティブな動作を実装できる小さなフレームワーク。


anephenix/sarus: A WebSocket JavaScript library

github.com/anephenix/sarus

JavaScript WebSocket library

WebSocketライブラリ。
イベントハンドリング、自動再接続、メッセージのQueuing、リトライ、永続化のサポートなど


書籍関係


Structure and Interpretation of Computer Programs, JavaScript Adaptation

sicp.comp.nus.edu.sg/

JavaScript book

SICPのJavaScript版


この記事へ修正リクエストをする
JSer.info Slackに参加する