Fork me on GitHub

2018-05-22のJS: Firefox 61の開発者ツール、Next.js 6、Data-Forge

Edit on GitHub 編集履歴を見る

JSer.info #384 - New in Firefox 61: Developer Edition – Mozilla Hacks – the Web developer blogという記事ではFirefox 61の変更点について紹介されています。

Source Mapの対応改善、HARファイルのimport/export、パネルの入れ替えのサポート、アクセシビリティインスペクタの追加などが行われています。

Source Mapの対応改善について詳しくは次の記事で紹介されています。


Reactを使ったフレームワークであるNext.js 6がリリースされました。

_app.jsでデフォルトのAppの挙動を拡張できるようになりました。
Babel 7(RC)にアップデートされ、これにより@babel/preset-typescriptを使ってTypeScriptをサポートする例などが紹介されています。

Babelがアップデートされたことにより.babelrcで拡張している場合はbabel-upgradeなどを使いBabel関係のアップデートも必要となる場合があります。

また、https://learnnextjs.comのドキュメントがGetting Started - Learn Next.jsにマージされています。


データ処理ライブラリのData-Forgeが公開されました。

Data-ForgeはCSVやJSONなどのデータの読み込み、加工、集約、整形などを行えます。
読み込んだデータは一度DataFrameに変換され、DataFrameに対してデータ処理を行う形になっていてpandasをインスパイアしています。

また、これらのデータ処理をメソッドチェーンで書くようになっていて、内部的にはIterable / Iteratorで処理されます。

dataForge.readFileSync('input.csv')     // Read input file.
    .parseCSV()                         // Parse CSV data to a dataframe.
    .parseInts("Column2", "Column3")    // Parse from strings to integers.
    .parseDates("Column4")              // Parse from strings to date objects.
    .dropSeries("Column5")              // Don't want column 5.
    .where(row => predicate(row))       // Filter out rows that you don't want.
    .select(row => transform(row))      // Apply transformation to each row.
    .asCSV()                            // Write out data file in CSV (or other) format.
    .writeFileSync('output.csv');       // Write output file.

同じ作者によってJavaScriptによるデータラングリングについての書籍も書かれているようです。


ヘッドライン


New in Firefox 61: Developer Edition – Mozilla Hacks – the Web developer blog

hacks.mozilla.org/2018/05/new-in-firefox-61-developer-edition/

firefox ReleaseNote

Firefox 61 Developer Editionの変更点について。
開発者ツールの改善、Source Mapの対応改善、HARファイルのimport/export、アクセシビリティインスペクタの追加など。


TestCafe v0.20.0 Released | TestCafe

devexpress.github.io/testcafe/blog/testcafe-v0-20-0-released.html

JavaScript testing ReleaseNote

TestCafe v0.20.0リリース。
HTTPリクエスト、レスポンスのhookを行えるように。
proxyを無視できるパターンを指定できるようになるなど


Announcing TypeScript 2.9 RC | TypeScript

blogs.msdn.microsoft.com/typescript/2018/05/16/announcing-typescript-2-9-rc/

TypeScript ReleaseNote

TypeScript 2.9 RCリリース。
keyofがSymbolとnumberに対応、import(path) typeのサポート、import.metaのサポート、JSXのgenericsをサポートなど


saadq/lynt: ✨ A zero config JavaScript linter with support for Typescript, Flow, and React.

github.com/saadq/lynt

JavaScript Tools TypeScript React flowtype

設定なしに使えることを目的としたLintツール。
ESLintやTSLintを使いopinionatedなLintを行う。
スタイルに関するルールは含めずにエラーに関するものだけに限定している。


ZEIT – Next.js 6 and Nextjs.org

zeit.co/blog/next6

node.js JavaScript React ReleaseNote

Next.js 6リリース。
_app.jsでアプリのライフサイクルなどに対して拡張できるように、Babel 7(RC)にアップデート、@babel/preset-typescriptを使ってTypeScriptをサポートなど


Release v5.2.0 · mochajs/mocha

github.com/mochajs/mocha/releases/tag/v5.2.0

JavaScript testing ReleaseNote

Mocha 5.2.0リリース。
mocha.optsにコメントがかけるように、APIドキュメントの更新など


Release 3.0.0-beta.1 - 2018.05.20 · zloirock/core-js

github.com/zloirock/core-js/releases/tag/v3.0.0-beta.1

JavaScript library polyfill ReleaseNote

core-js 3.0.0 β1リリース。
ProposalであるObject.fromEntriesMapSetのコレクションメソッドの実装など。
あわせてwithdrawされたProposalの実装を削除。
またいくつかのブラウザバージョンでのバグに対処など


Chromium Blog: Evolving Chrome's security indicators

blog.chromium.org/2018/05/evolving-chromes-security-indicators.html

Chrome HTTPS HTTP security

ChromeのHTTPSとHTTPのURLバーの表示の変更予定について。
HTTPSはデフォルトになっていくため"Secure"ラベルを外していき、
HTTPの方が例外的なものとして"Not Secure"というラベルをつけるという方針について。


アーティクル


Storybook vs Styleguidist – Chroma

blog.hichroma.com/storybook-vs-styleguidist-2bd93d6dcc06

JavaScript React article

StorybookとStyleguidistの違い、どのようなときに使うのかについて


Type-Safe Object Merging in TypeScript 2.8

spin.atomicobject.com/2018/05/14/type-safe-object-merging-2-8/

TypeScript article

TypeScript 2.8のConditional Typeを使ったType Safeなオブジェクトマージについて


スライド、動画関係


Native JavaScript modules by Serg Hospodarets

slides.com/malyw/native-js-modules#/

JavaScript module slide

ES modulesについてのスライド。
AMD、CommonJSなどとの比較、<script type=module>がDeferred by defaultであることやmoduleの動作について。
また循環参照の対応、パスの扱い、Dynamic import、パフォーマンスやテストなどについて


ソフトウェア、ツール、ライブラリ関係


sloria/local-repl: 🐚 Project-specific configuration for the Node.js REPL

github.com/sloria/local-repl

node.js Tools

Node.jsでプロジェクト毎にaliasや依存などを指定できるREPL


home

layerjs.org/

JavaScript library HTML animation

StageFrameの属性を付けた要素を元にレイヤーを作り、トランジションなどの遷移アニメーションを表現するライブラリ。


planttheidea/fast-copy: A blazing fast deep object copier

github.com/planttheidea/fast-copy

JavaScript library

オブジェクトのdeep copyを行うライブラリ。


Data-Forge

www.data-forge-js.com/

JavaScript library

CSVやJSONなどのデータの読み込み、加工、集約、整形などを行うライブラリ。
LINQとPandasをインスパイアして作成されていて、メソッドチェーン(内部的にIterator)で処理を書ける。


rsuite/rsuite: A suite of React components .

github.com/rsuite/rsuite

React UI library

Reactを使ったUIコンポーネント集ライブラリ


書籍関係


Manning | Data Wrangling with JavaScript

www.manning.com/books/data-wrangling-with-javascript?a_aid=datawranglingwithjavascript&a_bid=acc654f9

JavaScript book

JavaScriptを使ったデータラングリング(データ処理)についての書籍


Pro Vue.js 2: Adam Freeman: 9781484238042: Amazon.com: Books

www.amazon.com/dp/1484238044/

Vue JavaScript book

2019年1月17日発売
Vueについての書籍


この記事へ修正リクエストをする
記事を紹介する