Fork me on GitHub

JSer.infoをTumblrからGitHub Pagesに移行しました

Edit on GitHub 編集履歴を見る

JSer.info を Tumblr から Jekyllベースのブログへと移行しました。

ドメインやRSSはそのままなので、特別何かする必要はありません。

また、GitHub Pages上で動くようになったので以下のリポジトリから記事の修正等をpull request出来るようになりました!

Tumblr

以前、Tumblrをブログとして利用する-実践編- - JSer.info
書いていたように、このサイトはTumblrで動いていました。

Jekyllベースのブログへの移行を検討 · Issue #21 · jser/jser.info のIssueで検討してましたが、
GitHubのjserアカウントも取れたので、
今回GitHub上に移行しました。

Jekyll

Jekyllに移行して変わった点は以下のような所です。

  • デザイン
  • 記事の修正をpull requestできるようになった

pull-request

GitHub上で編集からpull requestまで、ウェブ上で全部完結するのでお気軽にどうぞ。

今後、紹介して欲しい記事のpull requestももっといい形で受けられるようにしたいですが、
現状でも以下の仕組みで送ることが出来ます。

もっといい案がありましたら、IssuesGitter chat などに書き込んで下さい。

デザイン

Jekyllに移行する際にデザインも変更しました。

かなり最低限のものしかありませんが、おかしな所などがありましたらよろしくお願いします。

Sass

デザインはCSS(Sass)書いてる時間が殆どでしたが、
以下に書いてあるようにかなり小分けにして書いてました。
(CSSに名前空間とかないからこれがベストなのかはまた別問題っぽい…)

Sass ライブラリとして以下のものを使っています。

これらをBower経由でいれて、bower-installerで必要なディレクトリにコピーして使っています。

また、npm hookでbower-installerを実行しています。

おわりに

JSer.infoをGitHub Pagesに移動したのは直接Contributingしやすくするのが主な目的です。

2011年01月16日
JSer.infoを初めてから1,295日目ですが、185週間で185回の紹介記事を書いてきました。

新しい環境に移りましたが、これからもよろしくお願いします。 :shipit:

この記事へ修正リクエストをする
記事を紹介する