2018-02-27のJS

jest/CHANGELOG.md at v22.4.0 · facebook/jest

Jest 22.4.0リリース。

nohoist in Workspaces | Yarn Blog

yarn workspaceのnohoistオプションについての解説

Release v1.1.0 · GoogleChrome/puppeteer

puppeteer 1.1.0リリース。 Chromium 66.0.3348.0に更新、BrowserFetcherpage.waitForXPathのサポート。 frame周りのイベントサポートの追加など

Release electron v2.0.0-beta.1 · electron/electron

Electron v2.0.0-beta.1リリース。 Chrome 61.0.3163.10、Node 8.9.3に更新。 非推奨のAPIの削除、window.loadFileのサポート、Macでin-app purchaseのサポートなど

Node v9.6.0 (Current) | Node.js

Node v9.6.0リリース。 asyncResource.emit{Before,After}が非推奨となりasyncResource.runInAsyncScopeを代わりに追加。 Dynamic Importのサポート、vmモジュールがES Moduleをサポート、

Release almin@0.16.0 · almin/almin

almin 0.16.0リリース。 Contextdispatcherがオプショナルな引数に変更、almin-react-containerのバグ修正など

🎼webpack 4: released today!!✨ – webpack – Medium

webpack 4リリース。 ビルドパフォーマンスの改善、modeオプションの追加、CommonsChunkPluginの代わりにoptimizeオプションの追加、.wasm.mjsのサポートなど。 新しいプラグインシステムが導入され、plugin/loader周りに破壊的な変更が行われている。

Release v5.7.0 · npm/npm

npm 5.7プレリリース。 package-lockのgit merge conflictを解決するnpm-merge-driverの公開、 常にlock-fileのみを参照するnpm ciコマンドの追加など。 5.7.0にはsudo利用時に問題があるため、5.7.1がリリースされている。

Using Promise.prototype.finally in Node.js | www.thecodebarbarian.com

Promise#finallyについての記事。 Promiseの状態遷移やfinallyの動作について。またfinallyのハンドラでエラーが起きた際の動作について

Measuring the Impact of 3rd-Party Tags with WebPageTest - Andy Davies

WebPageTestを使ってサードパーティスクリプトがロードパフォーマンスにどのような影響を与えているかを比較する方法について。 特定のリクエストをブロックした結果と比較する方法について

KeyboardEvent.keyCodeとは何か - WebStudio

KeyboardEvent.keyCodeの歴史や実装について。 keyCodeはOSやブラウザ間で問題があり標準化もされていないため、keycodeを代わりに使うべきという話。

Maybe you don't need Rust and WASM to speed up your JS

プロファイルを取りながらパフォーマンスを改善していく話。 Rust + wasmで書き直されたSource Mapライブラリを例に、JS版でのボトルネックを調べ改善していく話。 アルゴリズムの改善、言語に依存する問題、実装に依存する問題について

ECMAScriptの使い方

ECMAScriptのバージョンの歴史、なぜES2016以降の策定プロセスを変更したのかについて。 各ブラウザ実装の比較、仕様やプロポーザルの調べ方や利用方法について

Wedgetail

コードの実行時間が期待値かをテストするライブラリ。 low、hight、averageを指定しコードの実行時間のテストを行える。 またパーセンタイルに対応している。

theia-ide/theia: Theia is a cloud & desktop IDE framework implemented in TypeScript.

monaco-editorベースのCould IDE、Desktop IDE。

Exploring ES2018 and ES2019

Exploring ES2018 and ES2019が公開された