2017-09-26のJS

Chromium Blog: Chrome 62 Beta: Network Quality Estimator API, OpenType variable fonts, and media capture from DOM elements

Chrome 62βリリース。 Network Quality Estimator API、OpenType Variable Fontsのサポート。 CSS color parserが#RRGGBBAAのような形式もサポート、MSEがFLACをサポートなど

Safari 11.0

Safari 11.0リリース。 WebRTC、WebAssermbly、Media Capture API、WebCrypto APIのアルゴリズム追加、Resource timing APIのサポート。 CSSではVariable fonts、CSS strokeのサポート。 ホームスクリーンアプリでWebKitの機能をサポート、追跡クッキーの防止など

Relicensing React, Jest, Flow, and Immutable.js | Engineering Blog | Facebook Code

React、Jest、Flow、Immutable.jsはBSD + PatentライセンスからMITライセンスへ変更される。 技術的要因以外で停滞するのは好ましくないため、エコシステムの基盤となるライブラリ/ツールのライセンス変更を決定した。

Release Dexie v2.0.0 · dfahlander/Dexie.js

IndexedDBラッパーのDexie v2.0.0リリース。 IndexedDB 2.0のサポート、Safariのサポートなど

Almin + React/Vue.jsのパフォーマンスプロファイルをタイムライン表示できるように | Web Scratch

Almin/React/Vueのパフォーマンスオプションについて。 開発者ツールのタイムラインでそれぞれの処理時間を可視化できる。

asm.js: 仕様と実装の今 - Qiita

asm.jsの仕様と各ブラウザ(Firefox、MSEdge、Chrome)の実装の差異について

Upcoming TypeScript Changes in Vue 2.5 – The Vue Point – Medium

Vue 2.5でTypeScriptの型定義周りが改善されることについて。 また、Vueのlanuguage-serverも併せて更新されているため、JavaScriptを使った場合もエディタでの補完などが改善される。

To type or not to type: quantifying detectable bugs in JavaScript | the morning paper

JavaScriptに型注釈を加えることでどの程度バグを検出できるかという論文の紹介記事。 GitHubで実際の修正コミットを元に、TSとFlowで型付けし、修正されたバグが検出できるかをテストした。 型注釈をつけることで大体15%のバグは発見できた。

Lifecycle Simulators

Reactコンポーネントのライフサイクルをシミュレートできるツール。 初期化、Stateの更新、Propsの更新をそれぞれ試すことができる

Introduction to WebRender – Part 1 – Browsers today – Mozilla Gfx Team Blog

ServoのWebRenderを例にしてメジャーブラウザのレンダリングの仕組みについて解説している。 frame treeと呼ばれる各要素ツリーのレイアウト結果から、display listと呼ばれるフラットな描画コマンドを作成する。その描画結果をlayerに乗せ、最後にlayercompositingで合成する。 各ブラウザに差異はあるが描画と合成を分けるという手法は、現在のウェブブラウザでは取り入れられている。

Debugging in 2017 with Node.js - YouTube

Node.jsなアプリをChromeの開発者ツールでデバッグする方法についての発表。 process._debugProcess(pid)での既存プロセスのデバッグ、開発者ツールをコードから扱う方法、chrome://tracingとの連携などについて

Microsoft Edge Web Summit 2017 | Channel 9

MSEdge Web Summit 2017の動画一覧

HTML5 Conference 2017 - YouTube

HTML5 Conference 2017の動画一覧

React v16 and beyond React Fiber // Speaker Deck

React 16の変更点と16以降に導入されるReact Fiberの仕組みについてのスライド

cure53/browser-sec-whitepaper

ブラウザセキュリティに関する文章。 各ブラウザ/色々なケースでの攻撃方法や脆弱性について書かれている

mbeaudru/modern-js-cheatsheet: Cheatsheet for the JavaScript knowledge you will frequently encounter in modern projects.

ES2015の構文などを中心に紹介するチートシート

Performance metrics. What’s this all about? – codeburst

ウェブブラウザのパフォーマンスのメトリクスについての解説。 またそれらを計測できるツールについて

Vue.js 2 Material Component Framework | Vuetify.js

Vueを使ったMaterialデザインのUIフレームワーク

uber/luma.gl: A JavaScript WebGL Framework for Data Visualization

WebGLを使ったデータビジュアライゼーションフレームワーク。 WebGL2にも対応していて、過度な抽象化を避けたAPIを提供する目的

Building Progressive Web Apps: Bringing the Power of Native to the Browser: Tal Ater: 9781491961650: Amazon.com: Books

PWAについての書籍

mjavascript/practical-modern-javascript: 🏊 Dive into ES6 and the future of JavaScript

ES2015以降のJavaScriptについて書かれた電子書籍。CC by-nc-saで公開されている。