2015-08-17のJS

Release v1.0.0 · rackt/redux

Redux 1.0.0リリース。 Stateを管理するコンテナを提供することでFluxのActionCreatorとStoreにあたるものをただの関数として書けるようにし、単方向データの流れを行うライブラリ。

1.1 Release

Polymer 1.1リリース。 コンポーネントとグローバルスコープでStyleを共有する仕組みの追加など

MozillaZine.jp » Blog Archive » Firefox 40 がリリースされた

Firefox 40リリース。 returnに書かれた到達できないコードへの警告がコンソールへ出るように開発者ツールの改善、Web Audio APIの仕様追従、Web Animations APIの仕様追従など

4.0 is the new 1.0 — Node & JavaScript — Medium

Node.js 4.0がio.jsとのマージが完了したバージョンとしてリリースされる予定。

Browserify dependencies in depth! | TEJI TECH BLOG

Browserifyでの依存関係の解決パターンについて。 依存するモジュールのバージョンが複数ある場合の問題についての色々なアプローチ

ES6 In Depth: Modules ✩ Mozilla Hacks – the Web developer blog

ES6 modulesのimport/exportの多様な構文のそれぞれの動作についての解説。 Moduleの仕様を分解してみた時にLoadingについてはECMAScriptでは未定義であること、構文的にstaticであることなどについて書かれている

es6-coding-style/es6-coding-style-en.md at master · gf-web/es6-coding-style

ES6コーディングスタイルガイド。 Destructuringの使いすぎへの注意、ES5での書き方をES6の機能でキレイに書けるケースについて比較、moduleの*asについて書かれている。

flux-utilsについて

Facebookのfluxモジュールに追加されたutilsについて。 今まではDispatcherのみだったがStoreやReact Componentと連携するためのContainerなどが提供されたことについて

フロントエンドMVCとFlux // Speaker Deck

Fluxとはどういうものなのかについてのスライド。 MVCと何が違って何が違わないのかがわかりやすく書かれている。

mdast - markdown processor powered by plug-ins

Markdownパーサであるmdastのサイト。 プラグインを使ってMarkdownからHTMLへの変換、Lintなど様々なことができる

Perf.Rocks

ウェブパフォーマンスについての記事やツール、人、スライド、動画、書籍などについてのまとめ

Relay | A JavaScript framework for building data-driven React applications

GraphQLを使ったデータのやりとりをするフレームワーク。 Relay.QLなどES6 template literalが前提になった作りになっていて面白い。

patrick-steele-idem/morphdom

Virutal DOMではなくDOMを使ってdiff/patchをしてDOM Nodeを置き換えるライブラリ。 virtual-domと比較したベンチマークも書かれている。

jamesshore/quixote

mochaなどと組み合わせて使えるCSSのユニットテスト向けのassertionライブラリ

scottcorgan/immu

Immutable Objectを扱うライブラリ。 Object.definePropertyやObject.freezeを使ってArrayやObjectの変更を防止したオブジェクトを作成する

Designing for Performance by Lara Callender Hogan

ブラウザのパフォーマンスについての書籍。