2015-02-17のJS

Release v1.11.0 · jscs-dev/node-jscs

jscs v1.11.0リリース。 既存のファイルの用意されてるプリセットでチェックして、自動で設定ファイルを作成出来る--auto-configureのオプションの追加、ルールの追加修正など。

jQuery UI 1.11.3 | jQuery UI Blog

jQuery UI 1.11.3リリース。

Changelog · lodash/lodash Wiki

lodash v3.2.0リリース。 _.fill_.spread等の追加、lazyサポートの修正や対応メソッドの追加

BrowserSync 2.0 - JH

LiveReloadなどが入った開発用サーバであるBrowserSync 2.0リリース。 デバッグのUI画面が追加され、履歴、接続してる端末一覧、CSSでデバッグ用にアウトライン表示などの機能が追加されている

Download RequireJS

RequireJS 2.1.16リリース。 依存関係のパースをするのにEsprima 2.0を使うように、r.jsがNashornをサポート、UMDサポートのアップデート

Release Pure 0.6.0-rc-1 – New Pure Menus · yahoo/pure

Pure 0.6.0-rc-1リリース。 Menusの書き直し、Normalizeのアップデート(IE 7以下はサポート廃止)など

js2coffee/New_in_2.0.md at master · js2coffee/js2coffee

JavaScriptをCoffeeScriptに変換するJs2coffee 2.0リリース。 エディタや警告の表示、ASTの表示、SourceMap対応など

harmony:specification_drafts [ES Wiki]

ECMAScript 2015 (ES6) Draft Rev 33リリース。 super()に関する制約の記述の追加、module周りのリファクタリング

Not Born to Die · Babel

6to5が"Babel"にリネームされた。 多くのツールがparsersとtranspilersに依存しているため、Babelプロジェクトではこの部分を解決していく。 ESTreeというASTの仕様の標準化作業にも協力していくとのこと

estree/estree · GitHub

SpiderMonkey Parser APIのASTのドキュメントがGitHubに移行し、ES6についてのドキュメント化が開始された。 現行の多くのツールがこれに依存していて、明文化されてないASTについてを仕様に落とすのが目的。

JSCS in use

JavaScriptのコードスタイルチェックツールであるJSCSの使い方について

Extensible Web を支える低レベル API 群 - Block Rockin’ Codes

現在策定や実装が進んでいる低レベルなAPIとしてどのようなものがあるかについてのまとめ

Change Detection in Angular 2 | Victor Savkin

Angular 2の変更検知の仕組みについての解説。 基本的にはComponentツリーを上から走査して変更を検知するが、ReactのshouldComponentUpdate()のように子への探索を減らす仕組みが導入されている

Year in review: Spidermonkey part 1 | H4writer

2014年のFirefoxに入ったAPI、機能や改善点等の振り返り

TouchDevelop - TouchDevelop goes open-source

タッチ操作でアプリを開発出来るウェブアプリである TouchDevelopがオープンソースとして公開された。 TypeScriptで書かれている

A Guide To ES6 Classes - I Like Kill Nerds

ES6 Classesについて。 ES5ではどのように"クラス"を書いてたかと、ES6ではどのように書けるかについて。 継承やsuper()についても触れている

Flux solutions compared by example - Pixelhunter.me | Dmitri Voronianski's blog

Flux実装のライブラリは多種多様で、小さなサンプルをそれぞれのライブラリを使って分かった事について。 通信でデータ取得はどこですべきか、 Isomorphicとシングルトン、ComponentをラップしたContainerのレイヤーを設ける事についてなど

60fps on the mobile web — Flipboard Engineering

React Canvasについて。 canvas要素でUIを作ることで60FPSのスクロールを実現する。 宣言的にUIを作れるためDOM的な抽象レイヤーとしてReactを使い、内部的にCanvasでレンダリングするReact Canvasを開発した話

maxogden/maintenance-modules

npmでモジュールを公開するのを補助する色々なツールの紹介。 Travis CIの設定、gh-pagesへのデプロイスクリプト、package.jsonの整形、npm release、依存パッケージのチェックなど

Detect JavaScript Problems with ESLint

ESLintを使ったJavaScriptのLintについて。 オプションの設定方法

ES6 at PayPal

ES6を使ってみようという感じのスライド

Asynchronous Programming: The End of The Loop - Video Tutorial Series @eggheadio

NetflixのJafar HusainさんによるJavaScriptの非同期プログラミングについてのスクリーンキャスト。 聞きやすくて、分かりやすくて、書き起こしもある

Tagtree course: Expert ES6

ES6について学べる講座。 ES6の新しい機能についての解説と練習問題を解いて学べる

nodefest 2014 - YouTube

東京Node学園祭2014 http://nodefest.jp/2014/ の動画が公開された

npm/how-to-npm

npmについてコマンドラインで学べるインタラクティブな教材

css2scss - from css to scss

CSSからSCSSの機能を使ったものを変換したり、色見本を作ってくれるサービス。

wooorm/eslint-md

Markdownの中にあるCodeBlockのJavaScriptをESLintでチェックできるツール

Phoenixmatrix/phoenixmatrix-proxy

node-webkit(nw.js)で書かれたプロキシアプリ。 SSLにもCharlesみたいに証明書を使ってプロキシ出来る。Fiddlerとかみたいにスクリプタブルなデバッグプロキシとなるのが目的

wix/react-templates

ReactのJSXへ変換できるテンプレートとコンパイラ。 JetBrains IDEで動くプラグインが用意されている https://github.com/idok/react-templates-plugin

Flipboard/react-canvas

CanvasのレンダリングをするReact components。 基本的な要素、Events、Text sizing、css-layout(パフォーマンス優先なのでなくなるかも?)、Accessibilityへの配慮が予定されてる

Reapp - Hybrid apps, fast

ReactベースのモバイルUIフレームワーク

maxogden/wzrd

beefyみたいなBrowserifyを使ったローカルサーバを立てるコマンドラインツール

typicode/jsop

Object.observeを使って読み込んだJSONを書き換えたら自動的に保存するNode.jsモジュール

acdlite/flummox

Flux実装ライブラリ。 コアとなるFlummoxクラスを継承して、そこにStoreとActionを登録することでシングルトンを避ける作りになっている。ES6 Classesやasync/awaitを使った書き方等が考慮されている。

fdecampredon/jsx-typescript

TypeScript + React(JSX)なTypeScript fork.

Exploring ES6: Upgrade to the next version of JavaScript

Speaking JavaScriptの著者でもあるDr. AxelによるES6についての書籍