2014-11-02のJS

HTML5勧告–オープン・ウェブ・プラットフォームの重要なマイルストーンを達成

W3C HTML5が勧告された

Bootstrap 3.3.0 released · Bootstrap Blog

Bootstrap 3.3.0リリース。 HTML lintをするbootlintや4.0についても書かれている

Meteor

Meteor 1.0リリース

React v0.12 | React

React 0.12正式リリース。 用語やAPIの変更、JSXの変更、ChromeのDevTools拡張の改善、ライセンスがApache 2から修正BSDに変更

Release JSHint 2.5.7 · jshint/jshint

JSHint 2.5.7リリース。 ES6のSymbol、Reflect、System、ComputedPropertyNamesに対応等

Socket.IO — Socket.IO 1.2.0

Socket.IO 1.2.0リリース。 サーバとクライアントのバグ修正。 IE10みたいにXDRとXHR Lv2がある場合はXHRを優先するように、PhantomJSのサポート等

Sinon.JS/Changelog.txt at v1.11.1 · cjohansen/Sinon.JS

Sinon.JS 1.11.0リリース。 AMDサポートの改善、xhrに.responseプロパティの追加、バグ修正

Release RxJS Version 2.3 · Reactive-Extensions/RxJS

RxJS 2.3リリース。 Promise、Generatorのサポート。 またES6以降のArray.fromといったメソッドと同等の機能の提供など

Release Son of Dragon · sass/libsass

libsass 3.0.1リリース

Spy-js 2.0: New level of JavaScript tracing | JetBrains WebStorm Blog

WebStorm 9のspy-js 2.0について。 実行時の結果からコードの補完候補の追加、breakpointを貼らなくてもinspectionで変数の中身を見られるように、Node.jsサポート、トレース結果の共有、ES6サポート等

Getting To Know Flux, the React.js Architecture ♥ Scotch

Fluxアーキテクチャについて分かりやすく解説されてる。 Storeが複数ある場合にwatiForを使って依存関係を解決する方法やどのようなフローで処理を行うかを図を用いて分かりやすくまとめている

Class構文が実装された - JS.next

ES6のclass syntaxについて。 prototypeの糖衣構文であることや継承、匿名クラス、class内はstrict modeになる点について書かれている

For and against 'let'

ES6のletについて詳しく書かれてる。 letによるブロックスコープや使い方について

Introducing SIMD.js ✩ Mozilla Hacks – the Web developer blog

SIMD APIについて。 SIMDとは何か、polyfillのSIMD.jsについて

Why we should stop using Grunt & Gulp

GruntやGulpのようなTask Runnerではなく、npm runを使う話。 Task Runnerはそれ自体のアップデート変更や別の選択肢が出てきた時のコストやpluginの挙動の不満等からnpm runで行う事について

Building single page apps using web components - Polymer

Web Componentsを使ってシングルページアプリケーションを作るチュートリアル

The Fine Art of JavaScript Error Tracking — Medium

JavaScriptのエラーレポートを集めるサービスについて。 またエラーレポートはノイズにも成り得る。Sentryでは重要と思われるエラーを優先的表示やどのブラウザなのかについて表示してくれる

CSP Lv.2の話

CSP Level2の機能についての紹介スライド。 Path matching、Nonce source、Source hash、frame-ancestors、referrer、sandbox等についてよくまとまっている

Model-View-Intent and the Virtual DOM

Reactiveなパターンについてのスライド。 MVCが絡み合って複雑になるのをイベントバスを使ってどう解決するか。 Model、View(Virtual DOM)、Intentでのアーキテクチャについて

A State of Change — On the future of Object.observe

Object.observeについてのスライド。 Object.observeはオブジェクトの変更を監視できるが、Imuutabilityとは逆の事になってしまう。 Immutableなしくみを提供するmori等のライブラリや同様にDOMでもStatelessなDOMを提供するReactやVirtual DOMがある。 現在のシンプルなバインディングはMutableデータをStateful DOMへ結びつける。 未来のレンダリングはImmutableデータをStateless DOMにする?

ブラウザーに優しくて、アニメーションを滑らかに

Web Animationについてのスライド。 どのようなフローでスタイルが決定され、レンダリングが行われているか。 またどうすれば、レンダリングやレイアウトのコストを減らせるかについて等の最適化について。 レイヤーやwill-changeなどについても触れている

jwerle/w625

6to5を使ってES6で書けるREPLの実装。 特定のウェブサイトに繋いで、コンソール的に使うことも出来る

Zolmeister/promiz

ES6 Promisesのpolyfill。